会社を辞める

会社を辞めるタイミングはボーナス後!何ヶ月前に伝える?(体験談)

更新日:

会社を辞める!

そう決めて新たな人生を踏み出そうとしているあなた。

 

辞めるタイミングは本当にそれで大丈夫ですか?

知らずに損をしていませんか?

 

辞めるなら絶対にボーナス後にすることをおすすめします。

 

何十万円現金で手元にあるのとないのとではどっちがいいか

言うまでもありません。

 

私が会社を辞める時に何ヶ月前に伝えたか、

体験談もお話しします!

 

会社を辞めようと思っている方は必ず最後まで読んでくださいね!

 

私の実体験に基づいて記事を書いていますので

役に立つはずです。

 

会社を辞めるタイミングはボーナス後にしないと損!

会社,辞める,タイミング,ボーナス,何ヶ月,伝える

会社を辞めると決めたなら、

いつ辞めるか、引継ぎはどうするかなど

タイミングを会社と交渉していくことになります。

 

その時に辞める時期を必ず相談するはずです。

 

会社は必ず要望を出してきます。

こっちの意見が通らないときもあります。

 

ただ、一つ言えることは・・・

会社を辞めるタイミングは

 

絶対にボーナス後にしましょう!

 

遠慮する人がいますが、

辞める会社に対して何を遠慮する必要がありますか?

全くないでしょう。

 

転職先の会社で、重要な得意先に変わりますか?

そうでなければ退職交渉はガンガン行うべきです。

 

「雇ってもらっていた」という考えは捨てて、

「今まで働いてやっていた」と考えても良いくらいです。

 

「会社辞めるのに、ボーナスもらって辞めるなんて図々しい・・・?」

そう思うだけ損ですよ!

会社からするとあなたのボーナス何十万かは痛くも痒くもありませんし、

あなたはその金額以上の働きをしてきているはずです。

 

辞めた後、そのボーナス何十万円かで、贅沢が出来ます。

なにか高価なものを買うのも全然ありです。

これは頑張った自分へのご褒美です!

新しい転職先に向けて、時計やスーツを新調するのもよいでしょう。

 

私が推奨しているネットビジネスなどの副業のために、

未来への投資としてパソコンや周辺機器を揃えるのもよし。

 

遠慮してもらわなかったら何も出来ません。

 

ボーナスは絶対にもらってから会社を辞めましょう!

 

そもそもボーナスとは・・・?

そもそもボーナスという制度は不思議ですよね。

 

「年収という決まった額があるのなら、12分割して均してもいいんじゃ?」

「会社が年収を調整したいだけ」

「ボーナスを考えた上での月給にしてるんだろうな」

なんて何度思ったことか(笑)

私の会社は成績にほとんど左右されない

しょぼいボーナスだったので尚更でした。

 

年2回のボーナスを社員のモチベーションアップにも使っているでしょうね!

まさに会社という悪魔に飼われている感覚とはこのこと。

「年2回褒美を与えるから1年間お前ら頑張って働け」と

言われているみたいです・・・

 

ボーナスは、法律によって支給を義務付けられていません

会社は従業員に給料さえ

支払っていたら法律的には問題ないのです。

 

でも、日本の社会は割とボーナス=当たり前だととらえて、

ボーナス払いとか、大きい金額の引き落としを

ボーナス月に設定していることが多いです。

 

なので、義務と思っている方もいるかもしれませんが、

実は、会社の判断でどうとでもなってしまうのがボーナスです。

 

ボーナスは、社員の過去の貢献、これからの期待など込められていますが

辞める社員にこれからの期待はないよね?

と思ってしまって、カットされるのは当然なのか?と考えてしまがちです。

 

その判断基準は会社の資料に載っています。

それが「就業規則」です。

 

会社を辞めると切り出すその前に!ボーナスについての就業規則を見よう!

会社を辞めると上司に言う前に

一つ確認してほしい事があります。

 

就業規則です。

ここにボーナスの事が細かく書かれているはずです。

 

例えば、

在籍半年以上の社員であること

支給日に在籍していること

などですね!

 

先ほど挙げた、会社が過去の実績を重視するのか、

これからの期待を重視するのかということも

記載されているかもしれません。

 

ここに会社の都合でカットすることが出来るなどの

文言や、退職予定者にはボーナスを支給しないなどの

文言があったら、減額される可能性や、

もらえない可能性もあります。

 

カットはあったとしても、支給しないと就業規則に書いてある

会社は極小数です。

 

万が一、カットされても構いませんので

もらえるものはもらってしまいましょう!

 

酷過ぎるボーナスカットの事例があった!

ボーナスカットの話が出たので小咄を。

 

ベネッセコーポレーションという誰もが知っている会社で

裁判がありました。

 

ボーナス支給後、会社を辞める予定の社員に対して

ボーナス8割カットしようとし、裁判に。

 

「これは酷い・・・けど会社が言うのなら仕方ない・・・」

と引き下がってしまう人が多いと思うのですが、

 

この人は、訴えます(笑)

 

結果は「2割程度のボーナスカットが妥当だ」という判決に至りました!

見事勝利したわけですね!

 

この前例から、ボーナスはカットされたとしても

2割程度が妥当と言える前例になりました。

 

ボーナスをとんでもない額カットされていたら

それはブラック企業です・・・

専門機関に相談しましょう。

 

 

会社を辞める時、何ヶ月前に会社に伝えるべきか

会社,辞める,タイミング,ボーナス,何ヶ月,伝える

私の会社は辞める時、引継ぎ期間も含めて、

やたらと延長されるため

2.3か月は辞めれないというのは分かっていました。

 

過去辞めていった先輩も、そのくらいの期間が必要だったこともあり、

私は辞めたい日の3ヵ月前には言いました。

 

私が言ったのは10月末。

これでタイミングよく12月にある

冬のボーナスはもらえるだろう・・・

もらったら即辞めてやる・・・

記念すべき初退職は1月末か・・・

 

そう思っていたらなんやかんやで2月3月4月・・・

 

決算まではいてくれとか

大型案件がどうとかで、良心が働いて辞めれず。

 

結局5月末で辞めることになりました・・・(笑)

(ここまでの回答にたどり着くまでかなり時間がかかりましたが

詳細はまた別の機会に)

 

民法では退職日の2週間前までに退職届を出せば

法的になんの問題もなく辞めることが出来ます。

あとは会社の就業規則によります。

 

社会人である以上これは守りたいですね!

一応入社の時に確認しているはずですから。

まぁ見ていない可能性が高いですが・・・

 

何ヶ月前に会社に辞めると伝えておくべきか

という質問に対しては3ヵ月とお答えします。

 

周りを見ていても私の会社は特殊でした。

どの会社も辞める3ヵ月前に伝えると辞めることが出来ると思います。

 

 

会社を辞めるけどボーナスください!(私の実体験)

5月末で辞める。

 

一度はそう決まりました。

辞めると決まっている仕事ほど

やる気の出ないものはありません。

 

最低限の仕事をこなして日々の生活を送っていました。

 

ただ、私は辞める時にどうしても

 

「ボーナスが欲しかったな・・・」

 

会社を辞めるタイミングを間違ったか・・・

 

ここで私は気付いたのです。

 

「ちょっとまて・・・」

「あと2ヶ月でボーナスじゃないか・・・」

「引っ張るだけ引っ張っておいて

これは上手いタイミングでボーナスもらえないようにされてる!!!」

「おいおいそんなのないでしょ・・・」

 

たった6年ですが

今まで必死に働いてきたという自負もありましたし、

損している気分にもなりました。

 

少なかったですが、当時の自分にはボーナスを

どうしても諦めきれなかった。

 

 

幸い私は働いていた会社の同業では働かないと決心していたので

もう接することは無い。

会社や上司に対するプライドを捨ててまで求めるべきだと判断し、

 

上司を夜に、部屋へと呼び出しました。

 

「辞める日付も決まっているのに何の相談?」みたいな顔して

上司が別室にやってきます。

 

そこで私は、

「正直に言います。5月末退職だとボーナスがもらえません。

7月のボーナスが欲しいです。7月末付退職にさせてください。」

言ってやりました。

 

非常識だと思う人もいるかもしれませんが、

プライドも恥ずかしさも捨てて言ってやりました

 

私は会社の就業規則を読み込み、

ボーナスは、1年以上働いていて、

支給日に在籍していることが条件だと知っていました。

有給休暇中でもボーナスはもらえるってこと。

(こっそり総務部のお姉さんにも電話で聞きましたが・・・)

 

前年の9月末に退職の旨を言っていて、

会社の要望でずるずる引き延ばされていたという事もあり、

強気でいきました。

 

「1月末予定を5月末に延長するという

会社のお願いを聞いたので、せめてボーナスください。

雇用期間を伸ばしてください。」

 

まさかの辞める側から延長したいという申し出は

驚いたでしょう・・・

 

私は辞めると決まってからも

最低限それなりの勤務態度だったからか

支店長も総務部に掛け合ってくれて

無事ボーナスをもらう事が出来ました。

 

今思うと、ここで言わないのはおかしいなと。

あと1ヶ月働いていればボーナスがもらえるという状況だったので

本当に言って良かった。

 

もし、あなたも会社の思惑でボーナスを

もらえないようにされているなら

言う価値はあります。

 

しかし、これは私の場合です。

今の職場に1日もいたくないという方や、

来月から次の職場が決まっているという場合には

厳しいかもしれません。

 

私と似ている方は参考にしてください。

 

まとめ

会社を辞めるタイミングは

必ずボーナスをもらってからにしましょう!

 

過去半年間、あなたが

働いて評価された上でのボーナスです。

 

未来への期待も込められているという部分は

思い切って無視してしまいしょう!

 

細かい事を気にしていたらダメです。

 

私の会社では辞めるまでに3ヵ月(有給含め)という基準がありました。

 

どの会社でも3ヵ月あれば退職出来ると思います。

私は半年間延長されてしまいましたが・・・

 

会社を辞める時には、会社の就業規則をちゃんと

確認した上で、上司と話をしましょう。

 

知識がないと言いくるめられてしまいます。

 

申し訳なくなる気持ちも分かりますが、

あなたのポジションにはすぐに次の人が来ます

 

正直、会社は思ったほどダメージは無いです。

退職交渉は強気で行きましょう!

副業 初心者
副業で初心者が簡単&安全に5万円を目指せるオススメはこれです!

副業の需要は年々高まっていますが、 初心者の方が「簡単」に実践できるオススメがあります。 しかも5万円くらいなら比較的簡単に稼げるので、 効率の良い人は10万円は稼ぐことが出来るでしょう。 そのオスス ...

続きを見る

メルカリ,フリマアプリ,不用品,住民税

副業

メルカリなどのフリマアプリで不用品を販売したら住民税は払うの?

前回メルカリやヤフオク、その他のフリマアプリで不用品を売った場合に確定申告はするの?しない?という内容で記事を書きました。 まだご覧になってない方は是非この記事から見て下さい♪ 今回は同じくメルカリなどで不用品を売った場合、住民税は払うのか?という点についてです。 この記事に書いてあることは、直接私が住んでいる市区町村の役所に聞いてみましたので信憑性が高い情報になっているのではないでしょうか! もし、一回でも家の不用品をネットのフリマアプリなどで販売したことがあるのなら、最後まで読んで頂ければと思います。 ...

続きを読む

メルカリ,ヤフオク,不用品,確定申告,原則,不要

副業

メルカリやヤフオクで不用品を売った場合の確定申告は原則不要!?

インターネットでフリーマーケットやオークションを出来るようになったこのご時世。 メルカリやヤフオク、またはその他ラクマなどのフリマアプリを使ったことがある人がほとんどだと思います。 多くの人が「家に眠っていた不用品を捨てるくらいなら安くでもフリマアプリなどで売ってしまおう!」という考えですよね? 利益を出すために副業や本業で取り組んでいる人もいますが、今回はそれ以外の不用品をメルカリやヤフオクで販売した方に向けて、「確定申告はどうするのか?」ということを説明していきたいと思います。   皆さん、 ...

続きを読む

メルカリ,ヤフオク,副業,収入,確定申告,バレる

副業

メルカリやヤフオクなどの副業収入は確定申告しないとバレるのか?

メルカリやヤフオクは誰もが知るフリマアプリ、オークションサイトですが、ここで得た副業収入は確定申告しないとバレるのか? ここでは2つのバレる先、会社と税務署について説明していきたいと思います。 サラリーマンなら会社に副業がバレるとまずい人が大多数でしょう。 政府の副業解禁が大々的にありましたが、まだまだ完全容認している会社は少ないはず。 中小企業なら尚更。私が前いた会社も副業禁止でした。 もしバレてしまうと会社の規定に沿った罰則が与えられるでしょう・・・   そして、税務署。 バレないなら無申告 ...

続きを読む

ウーバーイーツ,副業,バレる,確定申告

副業

ウーバーイーツで副業してたらバレるのか?確定申告はどうする?

最近注目を集めている副業でウーバーイーツの配達があります。 その浸透具合はサラリーマンの方で副業している人もいますし、学生のバイトや本業にしている人もいるくらいです! 今回は、副業でウーバーイーツの配達をしようとしている人、もうしている人が気になっている、 会社に副業がバレるのか?という事と税金関係や確定申告はどうする?ということを説明していきます! Contents1 ウーバーイーツでの副業は会社にバレるのか?1.1 ウーバーイーツで副業していることが会社にバレる時1.1.1 配達中に偶然見られた1.1 ...

続きを読む

副業,ブログ,収入,ない,確定申告

ネットビジネス 副業

副業のブログでの収入がほぼないけど確定申告ってどうすればいい?

会社員の方で最近かなり多いのが副業でブログをはじめる方。 パソコン一つで始めることが出来て、初期費用も安く始め易いから人気な副業です。   今回は税金の話です! お堅い話にならないように出来るだけ分かりやすく噛み砕いて説明していきます!   ブログを始めて、最初はなかなか収益は上がらないかもしれません… でも、一応収入はある。といっても微々たるものなんだけど、 確定申告ってどうすればいいのか? 税金は払わないといけないのか? 気になったことありませんか?   今回は、ブログで ...

続きを読む

副業,バレる,タイミング,時期,仕組み

副業

副業がバレるタイミングや時期っていつ?仕組みを分かりやすく説明

サラリーマンの副業で怖いのが、本業の会社にバレてしまうことですよね! 副業が会社にバレるタイミングや時期、 そしてバレる仕組みを把握しておきましょう。 そうすることで、バレる可能性を極力減らすことが出来ます。 いつまでにどのような対策をするといいのか、 分かりやすく説明していきたいと思います! Contents1 副業がバレるタイミングと理由は?1.1 同僚の告げ口でバレる1.2 本人の身なりや行動でバレる1.3 ネットビジネスの顔出しでバレる1.4 副業が住民税でバレる仕組み2 副業がバレる時期はいつ? ...

続きを読む

副業,20万以下,会社,バレない,サラリーマン,正社員

副業

副業で20万以下は会社にバレない?サラリーマンや正社員の場合

サラリーマンの方や正社員の方で増えてきているのが副業です。   みんな給料に不満を持っていて、 副業を始めている人が多いです。   でも、会社の就業規則に副業禁止の文言があった場合、会社には バレたくないですよね?   バレたら解雇?減給? 何されることやら…   そこで、20万以下の副業なら会社にバレないのか? という噂についてハッキリさせていきたいと思います。 Contents1 サラリーマンや正社員の副業は20万円以下ならバレないって本当?2 副業の20万円と ...

続きを読む

仕事,暇,副業,理由,収入,増やす

ネットビジネス 副業

仕事が暇なら副業をやるべき理由は?収入を増やすために出来ること

サラリーマンって大変な職業ですよね… 社会人になって働くという事はそういう事なのですが… 毎日朝から晩まで身を粉にして働く…趣味の時間もあまりないという人も多い中、 仕事が暇だと言うあなた!   副業することをおすすめします!   なぜ副業をすべきなのか?今は興味のないあなたにも伝わるように わかりやすく説明していきたいと思います。 この記事で少しでも人生が豊かになれば幸いです。 Contents1 仕事が暇という方は・・・2 仕事が暇なら副業をしない手はない!3 副業をすべき理由はな ...

続きを読む

脱サラ,農業,現実,失敗,後悔,理由

ネットビジネス 会社を辞める

脱サラ後に農業をしても現実は甘くない!失敗と後悔をする理由は?

「脱サラして農業を始めよう!」 ここ最近、若者も農業に関心を集めるくらい注目されていますが・・・ 現実は甘くないですよ! 脱サラして農業を始め、失敗と後悔をしないように リスクや失敗する理由を列挙していきたいと思います。 そうならないためにどうすればいいか? 私なりに考えてみました。 もし、脱サラや農業に興味があるなら是非最後まで読んでほしいです。 Contents1 誰だって脱サラしたい!2 農業の現状3 脱サラして農業で夢のような生活を…現実は?4 脱サラ→農業で失敗する理由4.1 農地選びが大切4. ...

続きを読む

トレンドブログ,初心者,稼ぐ,最短

アフィリエイト トレンドアフィリエイト ネットビジネス

トレンドブログで初心者が稼ぐ最短ルートは好きな事を書くこと!

  トレンドブログはネットビジネス初心者が成果を出しやすいということもあり、今も人気な手法です。   一つ言いたい事があります。 トレンドブログで稼いでいくには絶対に好きな事を記事にしていく方が良いということ。 これが稼ぐ最短のルートになります。 なぜか? この理由は至ってシンプルなんです・・・そうしないと「継続出来ない」から。   継続していくためには、「好きな事」をテーマにした方が良い!   今回は好きな事を記事にしてお金を稼ぐという事について書いていきたいと思 ...

続きを読む

-会社を辞める
-, , , , ,

Copyright© RECOLORER , 2020 All Rights Reserved.